オールドカタラクト (アスワン)

カイロからの深夜便は、空港が なんかモヤモヤと暑いし けんか腰の
チェックイン、機内はギッシリ窮屈。 国内線はMSの独占・ドル箱路線
だから落ちなきゃいいだろ、って考えてる程度のサービスのよう。
ニューカタラクトホテルのチェックインは深夜だから他に誰もいない。
同じ便に乗っていたと推測される欧米人数組が10分ほど遅れて到着。
本当はアガサ・クリスティー原作映画の撮影で使われたオールド・カタ
ラクトホテルにしたかったけど、混んでいて足元をみた料金が面白くなく
同じ敷地のニューカタラクトホテルに。
c0086502_1325990.jpgc0086502_1332645.jpg








c0086502_1504416.jpg
c0086502_151327.jpg
c0086502_1512599.jpg



朝食(ビュッフェ)は欧米のホテル以上の品数のメニューだった、
エジプトらしいものは、豆、ざくろ、ナツメ。


ホテル近くの船着場からフルーカ(帆かけ船)でナイル川の中の島々へ。
先ずはキッチナー島。 英国人将校キッチナーが住んでいて熱帯植物集めが
こうじて島全体が植物園になったらしい。 暑いひざしを避けるため高木と
緑のオアシスが欲しくなるのはわかるような気がする。

c0086502_232561.jpg
c0086502_24302.jpg
               
by 2expert | 2007-10-08 02:09 | Egypt
<< オベリスク石切り場 (アスワン) 試写会 プロヴァンスの贈りもの >>