人気ブログランキング |

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Deauville

ドービルではクロード・ルルーシュが「男と女」を撮った。
ドービルのバリエール、良いホテルである。  夏はたくさんの人々が
遊びに来る海水浴場の側であるが、ビーチに面していても障害物はなく、
ビーチとの境に道路があったりして、変な来訪者が近寄り難いつくりに
してある。  従業員のマナーが良い。
同じ系列のカンヌのバリエールにも毎年宿泊している。 カンヌ映画祭が
開催される会場に一番近いため世界のセレブが宿泊する、そのホテル
はさぞや気持ちよく宿泊できるのではと期待するのが普通である。
でも案に反して、マナー面ではあまり気持ちよく宿泊できない。

アロマンシュ、カーン (と発音しがちだが、フランス人はクォーンと
鼻濁音で発音する、日本人にはちょっと難しい?) では
「史上最大の作戦」(コーネリアス・ライアン)が撮影された。
上陸地点オマハビーチには広大な墓地、記念品販売のショップまでもある。
それに、戦後60年経って、まさか日本人やドイツ人が見学にやってくるとは・・・
墓に葬られている人たちはどう感じているだろうか。

すこし離れた高台には塹壕の跡、砲台跡が残っている。
サイパンのバンザイクリフ、スーイサイドクリフ、フィリピンのコレヒドール島 等
歴史でしか知らない戦争の事実を澄みきった海が、きれいなだけにますます
深く考えさせる。
世界各地の戦争、テロの脅威、今も無くならない。
「史上最大の作戦」で戦死した兵士たちは米軍が勝利したあかつきには世界平和
がきっと確立されると考えていただろうに・・・
by 2expert | 2006-09-20 23:29 | France

Split Film Festival 25Sep - 1 Oct 2006

9月25日からクロアチアのスプリットで開催される映画祭
コンペティション部門では下記作品がノミネートされている
(この他にも短編映画のノミネートは多数)

監督          タイトル         国     上映時間(分)

Bunik, Nico     ATLA          オランダ   105
Finn, Jim      INTERKOSMOS   米国     71
Frayne, Alex    MODERN LOVE          95
Ghasemi, Ali Mohammad   YADASHT BAR ZAMIN イラン 78
Inarritu, Alejandro Gonzales   BABEL   米国 142
Kowalski, Lech  EAST OF PARADISE フランス 110
Lu, Zhang      MANG ZHONG    韓国    109
Maringouin, John RUNNING STUMBLED  米国 83
Piersic Jr., Florin  FIX ALERT      ロシア   91
Rumley, Simon  THE LIVING AND THE DEAD 英国 95
Sanguedolce, Steve    DEAD TIME カナダ  80

スプリトはクロアチアの中でも風光明媚なアドリア海沿岸の
ダルマチア地方の経済や行政の中心地である
日程に余裕があれば最近人気のあるクロアチアを縦断して
楽しみたいものだ
10月2日からイタリア出張だが10日ほど日数がつくれれば、
アンコーナからフェリーでスプリトで入り、ドゥブロヴニクでゆっくり
したいものだ
c0086502_2493533.gif

by 2expert | 2006-09-12 02:49 | Croatia

The Milan Film Festival 2006

ミラノで9月15日から9月24日まで開催される映画祭
今年は90カ国から2,000本以上のfilmの応募があり
51本のshort film と 6本の feature film に絞られた

参加作品の中から下記にいくつか抜粋した
The Blood of my Brother ( Andrew Berends 1972生)
Carbuncle ( Arthur Cottam 1972生 )
Someone else's Happiness ( Fien Troch 1978生 )
Todo un gallo ( Santiago Sanchez 1981生)
Quartiere Isola ( Alessandro Lunardelli 1971生)
Lai Xiao Zi ( Han Jie Xiaoyi 1977生)
Starfly ( Beryl Koltz 1974生)
The Majesty of the Wetlands ( Emmanuel Marshall 1973生)

これらが期間中 ミラノ市内の下記6会場で上映・審査される
Teatro Strehler, Teatro Studio, Arena Civica, Teatro delle Erbe,
Fondazione Antonio Mazzotta, Axquario
by 2expert | 2006-09-10 04:09 | Italy

マンハイム=ハイデルベルグ国際映画祭

マンハイムからプラハまでを結ぶ古城街道
1720年から1760まで選帝侯の宮殿が置かれたマンハイム
と絵画のような屋根の海を見下ろすハイデルベルグ城を擁す
ハイデルベルグで開催されるマンハイム=ハイデルベルグ国際映画祭
過去 日本からは第45回(1995年)に ALICE SANCTUARY
(渡辺孝明監督)が国際映画批評家連盟賞を受賞している
c0086502_348127.jpg
c0086502_3482676.jpg
c0086502_350179.jpg

by 2expert | 2006-09-10 03:50 | Germany

ヴェネツィア国際映画祭

1932年以来、63回目のヴェネツィア国際映画祭が今年も8月30日開幕
9月9日、明日閉幕を迎える
今年は28カ国からの100余作品が上映されている
コンペティション部門 オープニング作品はブライアン・デ・パルマ監督の
「ブラック・ダリア」 であった
他 有力作品
Fallen バルバラ アベルティ監督、
La Stella Che Non c’e ジャンニ・アメリオ監督
The Fountain ダーレン・アロノフスキ監督
Hollywoodland アラン・コールター監督
Nuovomondo エマヌエーレ・クリアレーゼ監督
Tomorrow World アルフォンソ・キュアロン監督
Bobby エミリオ・エステベス監督
The Queen スティーヴン・フリアーズ監督
Daratt マハマット・サレー・ハルーン監督
L’intouchable ブノワ・ジャコー監督
Private Fears in Public Places アラン・レネ監督
Quei Loro incontri ジャンマリ・ストローブ、ダニエル・ユイレ監督
Fangzhu ジョニー・トー監督
Hei Yanguan ツァイ・ミンリャン監督
Zwartboek ポール・バーハオーベン監督
Ejtorija イワン・ビリバエフ監督
Sang Sattawat アビチャポン・ウェラセタクル監督
日本からの有力作品
パプリカ  今敏監督
蟲師    大友克洋監督
日本からの招待作品
ケド戦記  宮崎吾朗監督
叫      黒沢清監督

いよいよ大詰め、明日には受賞作品のニュースが世界を駆け巡る
だろう (日本時間では9日夜の速報、10日のニュースだろうか)
ヴェネツィアの夏は蒸し暑いが映画祭の時期はさらに熱い
c0086502_23353097.jpg
c0086502_23354181.jpg

by 2expert | 2006-09-08 23:19 | Italy